So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

完成

仕事が終わりました
SN362390.JPG
CA340065.JPG
次回はピザ釜でオファーかな?
7:05にコーヒーがこぼれるかなー?
グゲンハイム皆様ありがとうございました。

フローリング

室内の床の改修前
床にガムテープを貼って剥がすと表面のペンキが剥がれ以前のステン仕上げが
出てくる。
CA340019.JPG
➀表面のペンキをはく離剤(中性)も使い撤去
➁#180-#240ペーパーを当てる
340043 (9).JPG340043 (10).JPG
➂ここで打合せ(傷・風合い・色・材料・乾かす時間など)
340043 (13).JPG
④テスト(打合せでの決定事項確認)
340043 (14).JPG
➄ここで御施主さんに確認そして施工
色をぬり拭きとる作業
340043 (25).JPG
➅色を定着させる(場所により2.3回重ねる)
乾き具合を見てクリアーをかけまた拭きとる(場所により2.3回重ねる)

340043 (24).JPG340043 (23).JPG340043 (22).JPG
完成
340043 (5).JPG
材料
340043 (21).JPG

旧グゲンハイム西側

白いシーラを充分に乾かし硬化を確認後
トップコートワイドシリコンを2回から3回塗り重ねます。
PA0_0000.JPG
壁は下地を固めるため”ワイドシリコンEPO”を塗ります。
これは予想以上に効果を発揮します。
(劣化した塗装、例えば壁を触るとざらざらと砂が落ちる感じ)
カチッと固めてくれました。その後メーカーの指示に従い
オープンタイムを置き、二ュートーンを2回塗りました。

CA340010.JPG
CA340011.JPG
CA340015.JPG
CA340014.JPG
壁完成

次は室内のフローリングに移ります。

長屋

オーナーさんと職人さんとの関係は、監理者は少し気になります。
CA340022.JPG

サッシ枠のアルミが薄く腐食していたため、追加工事でコーティングしています
aCA340026.JPG

長屋工事は終わり施主検査を受けるだけです


長屋

旧グッゲンハイム邸の敷地内の”長屋”は、本館とは対照的(建築構造・使用目的)で改修も、大げさではなくコノヘンを踏まえて考えてす。長屋には、日常生活があり、住人は生活の中で本館との関係を築き(気付き)人生の何分のイチをすごしています。敷地内の3つの建物がこの先、「旧グッゲンハイム邸」だけでは説明できない垂水区塩屋町3-5-17になってほしいです。見学に来ても、建物自体変化はあまりないですが、3個の建物の境界線が色や、庇、植栽などで微妙に薄れて行き、オナーが見せるグッゲン邸を感じて帰ってください。

さて今回は、塗装工事の監理なので早速はじめます。
下地処理が終わり、バインダーにリフノン(白)を使い、仕上げ材にスズカファイン(株)ワイドシリコンを使います。
材料は、基本的に同じメーカーを使います。

CA340004.JPG
PAP_0007.JPG
サッシ下の補修跡はこんな感じの仕上がり
PAP_0005.JPG
樋 下塗り(リフノン)
PA0_0006.JPG
PAP_0001.JPG
SN362478.JPG
CA340003.JPG
PA0_0007.JPG
破風はコグチまでグリーンCA340026.JPG
ネットを落として施主さんにカラーリングのチェックをしてもらい、グリーンの変更を受けました。
良い物ができそうです。

長屋 下地処理

旧グッゲンハイム邸本館改修工事と平行して行なわれている工事が敷地内にある「長屋」プレハブ2階建て集合住宅です。主に外壁塗装工事です。(屋根は改修済)
この改修工事の課題はパネル腐食です。写真にも写っていますが、
 *パネル(ハードボードにアルミ張工場で塗装済)塗装の捲れはないこれはスゴイ技術。
工事はアルミの腐食撤去すぐにプライマー塗、ハードボードが露出した部分の処理が問題です。
予算の関係もあり、現場にある材料でなんとか・・・(ポリパテはむりっ!栗山塗料さんに相談→御施主さん了解)こんな感じで、工法決定。

SN362443.JPG
#240研磨
SN362444.JPG
PA0_0009.JPG
茶色のところがハードボード(ハードボードに水が回りアルミ板も腐食していたため不良部撤去)
ワイドシーラーエポ(プライマー)スズカファイン(株)+ニュートーン(本館仕上げ材)
PA0_0004.JPG
ニュートーン コテ仕上げ
これで長屋の下地調整がやっとおわる。




プライマー(塗料1)

リフノンを使い何層にも重なった旧塗膜と露出した木部を調整します。
刷毛で塗ります。溶剤型
(トップコートは7部艶なので、艶が均一に見えないといけません)
リフノン→http://www.mko-kikaku.com/toryougaido/suzuka/toryou/rifunon.htm
施工会社 栗山塗料商事株式会社 神戸市長田区北町1丁目 (TEL 078-577-1280)
材料販売もしてくれますし、少量(計り売り)も対応してくれます。日曜大工好きには便利!!
特殊塗料は熱心に相談に乗ってもらえます
SN362462.JPGSN362467.JPGSN362465.JPG

本館 西側

本館西側の壁・建具改修保存工事
建具枠は、限界塗膜量を超えた状態で、はく離があり、
木の状態も露出部は、傷んでいます。
水洗い後手作業で塗膜を剥がした状態です
SN362454.JPGSN362453.JPGSN362450.JPG

屋根

グゲンハイム敷地内の共同住宅屋根の改修工事

金属屋根 カバー工法
IMGP0675.JPG
IMGP0711.JPGIMGP0719.JPG
棟の脱気
IMGP0737.JPG
IMGP0755.JPG

上げ下げ窓ー2

アメニティ2000協会さんから助成してもらって
窓改修工事が再開です。ありがとうございました



窓改修.JPG
resize0010.jpgresize0015.jpg


外した所
これがなかなかでとても時間がかかります。
慣れていくころに終わりますけど

resize0009.jpg


ロープの入れ替え
これもロープが少しおいおい伸びますから
長さに注意して慎重にくくりつけます
resize0016.jpg

アンティークガラスの入れ替え
これはさすがアリちゃん
ガラスの選択からはめ込みまでトラブルなし
resize0023.jpgresize0022.jpg

あとは滑車に油を塗ってはめ込みます。
終わり

これの繰り返しです。

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。